Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
作りたい病が突然襲ってきます。
なにが作れるでしょうか?
ジャンルを問わず・・・・
まぁ、編み物系が多くなるかと思いますが
あっ、パソコン系も『作る』になるのか!
Profile
 目次 #*#*#*#*#*#*#*#
★摩耶の編物電脳化
Category
Comment
Link ●ボディタオル・リフ用毛糸
Mobile
qrcode
Search
Archive



2012/10設置
powered by 韓国★ポップ

桜染め リベンジ!・・・・・ならず( ノω-、)
工房 夢細工様より抜粋
1)花の咲く前の桜の小枝を集めてくる。
   旦那さんが、集めてくれたっと・・・・・

2)小さく切る。
   私が小さく切ったっと

3)鍋に入れて30〜40日、
  炊いたり冷ましたりしながら熟成して
  ピンクを増やすと同時にオレンジやベージュを取り除き、
  ピンクだけを取り出していく。
   熟成したかどうかは分からないけど、クッタクッタ!


4)桜の染液を残してさらに熟成し原液を作る。 2週間〜3ヶ月

  この『熟成』って、悪く言うと、腐らすの?

   ちょっと泡立ってきてるんだけど・・・・・・
   藍は、とっても匂うって聞いたことあるから
   それで、良いのかなぁ?  う〜ん

5)糸を椿灰の灰汁に、米酢を加えた液に入れて
  よくなじませる。(先媒染)
  
  椿の灰なんて、手に入らない
    ネットで調べると
    「染液をアルカリ性にするとキレイな赤が出る」
    との情報をもとに綿の為に買った石灰でもいいのか、
    検索してみると石灰の媒染液もあるらしぃ

    濃度とかも書いて有るんだけど
    とにかく、アルカリになればいいっか?
    前回の紫蘇染めと同じく、テーゲーだなぁ

    まるで、そうめんだね

6)グラグラと煮立った湯に(4)の原液を入れて染液を作り、染める。
7)(6)によく洗った(5)の布を入れて短時間で染める。
  残りの液は捨てる。
  この染液は1回しか使え無いとの事・・・・
    染め液が、ほとんど透明ちかくなりました

  新しい(6)の液でさらにもう1度染め、
  好みの色になるまで何回も繰り返す。

  水洗いをして干すと桜染の完成です。


う〜ん
やっぱり、赤色だよなぁ 。

しかも、今回は大鍋の使用許可が旦那さんから下りなかったんで
すこし、まだら加減が良く分かるし・・・・・
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

面白かったよ!役にったったよ!と思ったら是非ポチッとお願いします(≧∇≦)
0
    | 染(桜) | comments(0) |









    Material by Night on the Planet
    Template by NoIndex