Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
作りたい病が突然襲ってきます。
なにが作れるでしょうか?
ジャンルを問わず・・・・
まぁ、編み物系が多くなるかと思いますが
あっ、パソコン系も『作る』になるのか!
Profile
 目次 #*#*#*#*#*#*#*#
★摩耶の編物電脳化
Category
Comment
Link ●ボディタオル・リフ用毛糸
Mobile
qrcode
Search



2012/10設置
powered by 韓国★ポップ

紫蘇染め*木綿

なんだか蒸し暑くて、編みゞも停滞中・・・・・

8月の編み物教室様に、ゲージも編まなくてはいけない
 製図もしていかなくっちゃいけない
  猫ちぐらも、仕上げなくてはいけない
   レインボーの巻きゞも進めなくっちゃいけない

   いけない    
     ・
     ・
     ・
    いけない
     ・    
     ・
     ・
     ・
    いけない 
     
     
     
     



って言う事で 逃避 (・・・・・・なってないじゃん

染め液は、もう一回染められるとの事で
急きょ、木綿の糸を染めてみることにしました

余りにも、白々しくて、編むのを躊躇していた木綿100%の糸





かせの糸を
玉巻きをしたことはありますが
玉巻きを、かせに戻すのは
初めてです。
色々調べると、木綿や麻などの植物系は、染まりにくく
たんぱく質を、つけてやってから、染めるとの事・・・・・

・豆汁や、豆乳、牛乳、又は、溶剤・・・・
・薄めて、原液で・・・・
・そのまま、煮あげて・・・・
・堅く絞って、絞らずにそのまま・・・・・・

と、色々やり方が、アップされていましたが
その情報たちのいいとこどり(私的に)で

牛乳(賞味期限切れ)を、2倍に薄めて
火にかけずそのまま漬けこむことにしました。


絞らずに干すことは、一般家屋では、無理な事なので
しっかり絞って干しました

しっかり、乾いたところで、染め液に投入
赤い、ソーメンです


今度は、木綿で、フェルト化することは無いので
ワッサラ、ワッサラかき混ぜています。

またまた、2〜3日、漬けこみます
はてさて、どうなる事やら・・・・・・

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

面白かったよ!役にったったよ!と思ったら是非ポチッとお願いします(≧∇≦)
| 染(シソ) | comments(0) |
紫蘇染め*ラメ入りウール
紫蘇染めの糸を引き上げました
ちょっと懐かし色のピンクです
 
乾いてみないと分かりませんが
染めムラもほとんどないようで、一安心

でも、すこしフェルト化しているような・・・・・・

杉の葉染めの時のような大きな鍋でなかったので
優しくクルクルが出来ず、漬けこんで、押して、混ぜて・・・・・が
悪かったのかも

手で少し、さばいたのですが、
糸は少しやせてしまったかもしれません。

杉の葉染めの糸もそうでしたが
風に当てて、乾かすと、色が一段淡くなるかもしれませんね。

外は炎天下なので
お家で干して、会社へ出勤しました。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

面白かったよ!役にったったよ!と思ったら是非ポチッとお願いします(≧∇≦)
| 染(シソ) | comments(0) |
紫蘇染め・・・・その後
 6/30 『紫蘇で染める』その後です。

家にある一番大きな寸胴鍋・・・・
子供が小さいころ野外でカレーを炊いていた鍋です
もう、こんな大きな鍋で炊き出すこともなくなったので
この鍋で染め液を作っていたのですが・・・

毛糸を投入すると、一杯一杯・・・・
初心者が、ある物だけで、一着分の糸を染めようなんて
ちょっと無謀だったかも・・・・

杉の葉染めの時のように
『毛糸をくるくる回す』なんて、芸当は無理

なんで、糸を漬けこむことにしました。
まだらになるかもしれないけど、それは、それ
そんな風に染めたんだと思えば、味のある糸になるんじゃぁないかと
自分を励ましながら、それでも、小まめに上下を入れ替えたり
ワッサワッサ撹拌したり、あがいております。
3時間ほどたっても、染め液は熱々で一苦労です。

参考にしたHPのように、2日間、間でマゼマゼしながら放置

この染め液は、まだまだ、紫蘇の香りを放っています
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

面白かったよ!役にったったよ!と思ったら是非ポチッとお願いします(≧∇≦)
| 染(シソ) | comments(4) |
紫蘇で染める
参考にしたのは、こちら  『花びらで染める』

捨てる茎からも色が出そうだったので、こちらは、鍋でグツグツ
ちょっと薄めですけど出ました


紫蘇ジュースで使った葉っぱも足してグツグツ
少し色が濃くなりましたね

葉っぱをギュっと絞って
引き揚げました

色は出切ってしまいましたが
紫蘇の香りは、まだたっぷり

こちらの方は、、まだ
お役目があります。

刻み昆布とで
佃煮になっていただきます



クエン酸液が1%濃度のお水に、残りの紫蘇を投入
上からラップで空気を抜きながら押しかぶせています
2〜3日、かき混ぜながら、色が出てくれるのを待ちます。

赤く染めるためのアントシアニンの色は空気に弱く
だんだんと色あせていくそうです
草木染めは自然の色を楽しむので
日々変わっていく色ごと楽しむものと言われてますが
せっかくなら、赤い色を長く楽しみたい

参考にしたページには染色堅牢度を上げるために
『鉄明礬で中媒染』とあるのですが
昨今鉄明礬は手に入りにくいそうです

う〜ん

同じ鉄なら鉄媒染で、
出来るかなと
只今、錆びを発生中です

家にある釘などは、
全てステンレス・・・
会社のピットの方に
『錆びて、いらない鉄ない?』
と、聞いて、頂いたのが
この棒です



何かは分かりませんが、とにかく錆びてます
またまた、こんなテーゲーで
今回も、大丈夫かぃなと、自分に突っ込みを入れながら・・・・・・
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

面白かったよ!役にったったよ!と思ったら是非ポチッとお願いします(≧∇≦)
| 染(シソ) | comments(2) |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex